headline
Utilities & Services
Utilities & Services
電気

タイでは電流は全国的にACの220ボルト(50サイクル)である。シェーバーやテープレコーダーその他の電気製品は、プラグアダプターキットを携帯する必要がある。良いホテルには110ボルトの変圧器を用意してある。

バンコクの水道水は、技術的に安心して飲めるが、建物の配管により水を摂取に好ましくさせない場合がある。さらに、水に無害な細菌に慣れていない観光者は氷を取ることで、技術的に消費に安全であるが、胃にやられることがあり得る。タイでボトル入りの飲料水は、安くてどこにもあるため、お勧めである。そして、キューブアイスは一般的に飲料水から作られたため、砕いた氷よりも安全である。

車の燃料

タイでの自動車用燃料には主に無鉛ガソリンをリットル単位で販売している。バンなどの大きい車は、ディーゼルを使用している。全国のガソリンスタンドで容易に利用できる。価格は1リットル当たり20から30バーツの幅である。ほとんどのサービスステーションは、VisaとMasterCardのクレジットカードでの支払いはでき、午後の夜10時か深夜0時までの営業である。
 

測定とコンバージョン

タイではメートル法を利用し、道路距離と制限速度は、それぞれキロと時速キロで掲示している。

郵便局

タイの郵便サービスは、効率的で全国ほとんどの主要都市に支社を持ち信頼性が高い。タイの郵便局が月ー金の午前8時から午後4:30時まで、また土日は午前9時から午後1時までである。しかし、ニューロードに位置するバンコク中央GPOは、月―金が午後6時まで、また土日は午前9時から午後1時までオープンしている。 ほとんどの主要なホテルは、手紙や小包を代理として預かっているが、すべてのタイの郵便局は、祝日はお休みである。 さらに、国内および国際的なメールサービスに加えて、陸便や空便ともに、普通郵便物および登録物を扱っており、その他にタイ郵便サービスは、電報サービスをも提供している。

トップへもどる

重量及び計測

タイでは、タイ式の“ワ”と“ライ”に分割領域を除いて、すべての重みと測定のためにメートル法を使用している。

トップへもどる

電気

タイでの電気は1秒間に50サイクルの220Vで、イギリスの電化製品との互換性をもつが米国および他の多くの国からと互換性はない。しかしながら、今ほとんどのコンピュータケーブルは電圧のアダプターを持っているが、その他の電化製品に対応するアダプタを持参する必要がある。ラウンドプラグインのいくつかの機能の穴をもつタイのアウトレットは、一般的にフラット、二方面からのプラグを備えるが、ノートブックコンピュータを使用するための三芯から二芯アダプタを持つ必要がある(接地コンセント)3つの穴が備わっているものもある。

トップへもどる

宿泊施設

タイでは、5つ星の豪華スパリトリートや趣のある家族経営の海辺のバンガロー形式などで、世界でも有数のホテルがある。観光者の予算面すべてのタイプに対応するタイホテルがある。また、ベストプライスはタイのオフピーク(5月ー8月)の時期で、もっとも高いのはクールな乾季(12月ー2月)の時期である。 地元の村人のホームステイやバックパッカーの宿からビーチバンガローまたは5つ星ホテルを宿泊を選択したとしても、先に予約しない限り、おもてなし暖かい"微笑みの国"よりも大きな用意が必要ない。

トップへもどる

電話

タイの電話システムは、携帯電話や全国を通じて信頼性の高い公衆電話のための包括的なカバレッジで、現代的で広く普及しています。購入した中古タイ電話は、安価で便利で、また、ほとんどのコンビニでテレフォンカードの利用で簡単に公衆電話でタイからの電話ができる。 緊急電話番号は、多くの場合1155はツーリストポリスを含む3桁または4桁の番号である。

トップへもどる

観光そして各地をめぐる

タイは、身体の不自由などの物理的な課題を持つ人々のため訪問しやすい場所ではない。大規模リゾートや観光客が観光スポットでは、障害者用設備を提供しているが、農村部の公共交通機関は限られて、しばしば車いすユーザーがアクセスできない。

市内の移動は非常バリアフリー困難な場合がある。道路や歩道は凹凸で、いくつかの建物はスロープや手すりを用意し、不自由者のアクセスを支援している。盲導犬は稀であり、視覚障害者のための道路横断用のオーディオ信号は少ない。 それにもかかわらず、不自由者の国際アジア太平洋地域になるため、バンコクの行政はプロジェクトを立ち上げた。それが、移動を低減しバンコクの歩道を容易に通行できるようにすることである。この公約によれば、公共交通機関をよりアクセシブルにする

公共交通機関

公共交通機関は、通常、障害者のアクセスを容易にするために装備されていない。公共バスは車いすユーザーにアクセスできない。障害者は、通常、タクシーで市内を通うことを余儀なくされる。ただし、いくつかのタクシー運転手が、その車に車椅子の顧客の乗り降りを助けることに経験があった、あるいはそれを訓練していた。

バンコクのスカイトレイン(BTS)の駅は、道路の上にチケット売り場の階、そして、電車はその上の階で、複数の階にあり、車椅子でのアクセスが難しい。現時点では、5つの駅のみ不自由者のアクセスを整備し、今後、他の駅にもエレベーターを設置する計画がある。 全国の鉄道網は、不自由乗客用の特別施設がないが、声をかければ援助を行う。

バンコクのMRT地下鉄(メトロ)は、もっとバリアフリーであり、全駅にエレベーターが整備されている。不自由乗客から要求された場合、援​​助が与えられる。電車内では車椅子のロックがある。

容易に対応できたはずなのに、スワンナプーム国際空港ではエレベーターやバリアフリートイレの欠如により、車椅子のユーザーに困難を与えている。