Trip Planner

Items Collected: 0

Plans Created: 0

一般情報

タイの首都は何?

タイの気候は?

タイでも有害/危険な動物はあるか?

水を飲むのに安全なのか?

電力供給電圧はどのくらい?コンバータが必要なのか?

タイにインターナショナルスクールはあるか?

夜の街を歩くのは安全なのか?

タイでは、詐欺が増加しているが、ほとんどは簡単に常識で回避できる。
危険よりも煩さである。タクシーの運転手やトゥクトゥクのドライバーの売り込みが厄介である。重要なモニュメントや寺院に待ち伏せ、欧米の観光者に仏教の休日、修理または閉まっているなどを伝える。
そこで、'頼り'ドライバは、市場や店など、別の観光サイトを案内すると提供する。それを受ける観光者は大体法外な価格で売りつけられ、来たところへ戻れない状況に陥るだろう。
常に実際に閉じているかを正門で確認すること。
合意価格より多く要求したり、セックスショーを連れて行ったり、あるいは場所を知らないふりをするバンコク市内のトゥクトゥクを避けるべきだ。

同じ理由で、特に近くに求められることなく、主要な観光スポットを提案するドライバを避けてください。

空港での観光ツアーを購入しないでください。それは、何回もホテルまでそのツアーについて電話がかかってくる。

ツアーには、ガイドなしで、すぐに小さな寺院へ連れて行かれ、次々と店へ案内される。(コミッションを得る)

すべてのお店を回るまで、帰宅を断ったりする場合がある。

また、帰る途中で、もっとツアーを購入することに圧力をかける。

テロリズム:国家安全保障は世界各国の議題であり、タイも例外ではない。タイ南部で武装勢力は、国の三南地方に限定されるため、首都への影響の兆候を示している。

それにもかかわらず、タイの観光地各地には、毎年、海外ツーリストを数百万人も対応している。

自国の観光地で使用する注意事項や常識をタイでも通用する。

薬:状況がよくなる一方2003年に悪名高い'麻薬との戦争'の厳しい取り締まりからやや軽くなり、タイ当局はまだ少量の薬の服用あるいは所持、少量のマリファナでも、重い罰金か刑務所行きあるいは強制退去を課されることがある。

外国人の人身売買の薬は、最終的に悪名高い'バンコクヒルトン'、のようにバンクワン刑務所で地獄のような生活を送ることになる。

不審な取引をしないこと。どのように経済的に報われても絶望的な魂になってしまう。さらに、それらの提供は、成分の保障や過剰の副作用のないタイでの一般的でない違法な麻薬が入っている薬である。
タイの違法薬物に巻き込まれないよう賢く振る舞いをください。

暴力:タイ人は、全体的に、受動的な人々であると受動的な環境を維持する。

しかし、アルコールは戦いが勃発させることはある。

タイ人は誇りに思ってしっかりしている。よく酔っ払い、そして自国や自尊心を傷つけられると'キレル'になる人もいる。一部のタイ男性は、タイ女性がホテルの部屋にゴミのように残されると、破壊嫉妬燃料かんしゃくだと報告している。
政治的動機による暴力は、バンコクでの不幸な結果であるが、外国人には直接向かない。

デモ隊と警察との間に立って写真を撮ろうとすることは安全なアイディアではない。それ以外の場合は政治的動機による暴力でけがをするとは考えにくい。

単独女性:タイは、一般的に女性が一人旅をするための安全な国である。タクシー運転手や地元の男性に誘われ、女性が強姦されたいくつかのケースがあり、特にビーチや島々に夜遅く起きる。

すべての不思議な国と同じように、ウィットを維持し、早すぎる親交見知らぬ人を警戒する。

ハスラーと売り込み:バンコクの空港で着陸時に強引に出会って、また、滞在中にも多く出会う。
カートを狙って、目的地あるいはその他へ連れて行き、いつも余分なお金を要求する。
その他の開発途上国の観光地に比較して、市場行商人やトゥクトゥクやタクシー運転手などを除き、タイ人は一般的に非常に丁寧で、プライバシーを尊重する。
'マイアウクラッブ'(興味がないのでありがとう!)は、ほとんどの場合使用でき、単に無視せず、売り込みから防御でき、自分の行く方向の移動を続けられる。

オートバイ:交通渋滞に打ち勝つための最終手段として利用する以外、普段はバンコクでのオートバイは危険である。

バイクのドライバーは細身のタイ人を後ろに座らせ、タイトなトラフィックの収縮を介して交渉する余地を残せず、歩道や対向車線に乗っている。
バイクも歩行者に危険を与えられる。

無断で道路横断時に、車の間で高速に走る、歩道上にドライブ、反対車線を走るバイクに注意してください。

最後に、重要なのは、バイクは縁石の近くに駐輪している場合でも、リアウィンドウを見ずにタクシーのドアを開かないようにすること。
タクシーのドアをバイクにぶつけた場合、両方の修理費と医療費を負担することになる。
バス:バンコクのバスで乗り降りは簡単な問題ではない。
バスは完全に停止していることを確認すること。グループで下車することがベストであろう。年間多数のバスからの転落負傷者が出ている。
建設:バンコクは一つの大きな進行中の建設プロジェクトが多く、1997年の金融危機後に放棄されたビルは内装など終了している。歩道は穴だらけ危険である。

タイでの安全性に関する法律はむしろ緩く適用され、プレストレストコンクリートと折りたたみ壁や看板にはたびたび落下して危険で、たまには死傷者が出る。

詐欺:特にトゥクトゥクのドライバーは観光地に集まり、有名な'ツアー'を提供し、無料で好みの有名な観光地を連れて行き、宝石店やスーツ店を立ち寄ることは用意されている。
これらの詐欺は、当該観光中にお店の所有者と共謀で割高の買い​​上げさせ、また、わしい品質の商品を受け取らせることもある。
宝石店、スーツショップ、バー、レストランなどのタクシーの運転手からの勧誘に注意してください。

宝石詐欺は最も多発され、毎週のように、'不法密輸'ビルマの宝石の格安と思っていたもの買っていた商品は偽物であり、また、その店に戻ったときはもう店がないという苦情がよくある。
簡単に解決するには、欲張りなことはしないこと。不正取引だと想像してください。

観光客は観光地でよく携帯電話を持っているされる男が服を着て、きれいな切り口で勧誘するのは、珍しいことではない。

これらの詐欺師は、疑うことを知らない観光客の背景や家族、旅程に関心を示し、丁寧な会話を始める。その後、必然的に会話が詐欺の話にドリフトする。カントックの食事ショーの法外な価格、またはバンコクの悪名高い宝石詐欺になる可能性がある。

一度識別して警戒する観光客は、群衆の中から、告げ口はよく、新たに保守的なスタイルの髪を切って、スラックスとボタンシャツの制服と新モデルの携帯電話をもつ男の詐欺師を選んでしまう。

明確な目的もなく観光地周り、慎重な観光客には、それらを気付き詐欺を回避する必要がある。

クリップボードを持ち、その国籍と尋ねて笑顔で若いタイの女性に遭遇する観光客が多く、30バーツを得るために助けてくださいと強請れる。

その提案は、賞金を獲得可能性があるインセンティブで訪問者が観光のアンケート(ホテルの名前と部屋番号の情報を含まれる)を完了するということである。- 現実には、誰もが勝者と言い、しかし、賞金は、タイムシェアプレゼンテーションを受講することによって、収集できること。プレゼンテーションに出席しない場合は、クリップボードとの女性が30バーツを渡さないことに注意してください。英語圏の外国人を対象にしているようである。

その他の詐欺として、ある小さな子どもを伴って - - タイでの休暇の最終日で帰国準備のため、所持品の荷物すべてまとめたバッグを盗まれたと話かけた。

今すぐ現金が必要で、急いで空港に行き、交換チケットを手配し、数時間後に彼/彼女の帰りの便のために必要であると。

タイで話す言語は?

在タイ外国大使館は?

タイでしてよいものと、してはいけないものは?

タイでのインターネットやEメールは広く普及しているか?

一年の中でタイを訪れるのに最高の時期は?

何を見て何をするのか?

英語が広く話されているか?

携帯電話のSIMカードを購入できるか?

タイで簡単に電話をかけることはできるか?どんな電話カードを外国人観光客に利用可能なのか?

タイの仕事日と時間は?商店時間については?

タイ観光中にパスポートを紛失した場合はどうすればよいか?

知っておくべき重要な電話番号は?

タイへ行くのに最新情報は?