Trip Planner

Items Collected: 0

Plans Created: 0

旅行客の重要事項 : すべきこととしてはいけないこと


タイの文化

タイの文化は非常に暖かく歓迎である。タイの人々は、他の人の宗教的、政治的信念に対し、双方ともオープンで、独自の文化を非常に誇りに思う。しかし、他の人の行動に敏感な一方で、タイの人々はいくつかの文化的慣習に従うより、観光客に厄介なことになることもある。典型的には、タイ人は、これらのタイの文化的規範に違反しても、誰もがあからさまな不快感を表示しない。このような現象は、実際にはタイの文化の重要な側面である:タイは目に見えて、他で怒るな!それは、タイの文化のこれらの側面を認識し、それを留意するほうがよい。 

君主制

タイの文化では、人々は王室に深く伝統的な畏敬の念を持ち、訪問者は、国王、王妃、と王室、同様に王室の画像に対しても、尊重に注意すべきである。王室の悪口を言うと容認されなく、そして、タイの文化だけでなく、タイの法律の両方の規格では、映画上映などの公共のイベントの前に国王の栄誉を称えるのである。

宗教

すべての宗教的な施設の中では、観光者がきちんとした身なりが必要である。トップレス、ショートパンツ、ノースリーブシャツ、または不適当な服装をして、寺院へ入ることはしないこと。仏教寺院の本堂周辺に靴を履いて歩いてもよいだが、主要な仏像が保存されている礼拝堂では禁止となっている。

規模の大小、破損かなしかの仏像は、それぞれ神聖なものとみなされる。上って写真を撮る、あるいは何かで敬意の欠如を示す行動をしないことである。仏教の僧侶は、女性に触ったり、触られたり、または、直接手からものを受け取ったりすることを禁じられている。女性は僧侶に何かを与える必要がある場合、男性に渡して僧侶へ届けさせるか、直接僧侶の手が届く地面やテーブルの上に配置する必要がある。また、僧侶は公共交通機関では、女性の隣に座ることが許可されない。僧侶を立たせないため、女性は礼儀正しくその席を離れることである。



タイ文化の社会的規範

タイ人は通常握手をしない代わりに、彼らはお互いに挨拶するときに、ワイと呼ばれる祈りのようなジェスチャーで一緒に手のひらを押す。一般的に、若い人または目下の人が、先輩あるいは年長者に対し、先にワイをし、後で同ジェスチャーを返す。

タイ人は、頭を身体の最高部と、足を最低部と、両方の文字通りの比喩として考えている。したがって、人頭に触れるのを避け、人やものに足を指すようことはしないこと。それは非常に失礼と見なされる。タイの家庭やある会社を入るには、靴を脱ぐことである。

公の場での男女間の愛情表現は、怒りの表現と同様にして、眉をひそめる。

特別なアドバイス

- ガイドサービスを提供する無許可の人に注意してください。すべての観光情報については、タイ観光局に連絡、電話: 1672。バンコクの詳細については、バンコク首都圏観光局に連絡、電話: 66(0)2-225-7612-4

- 所有物の安全と同様、個人の安全に関するすべての通常の注意事項を守ることである。静かな通りや捨て地域に単独で歩行はお勧めではない。すべてのあなたのお金、宝石、航空券などの貴重​​品がしっかりと保管されていることを確認する。安全、非倫理的慣行、またはその他の事項に係る求めは、ツーリストポリスに連絡することである。電話: 1155

- 廃棄物をゴミ箱に捨てること。バンコク首都圏の管理は、厳密に街を清潔に保つため、ゴミのポイ捨てでの法律実施に強化をしている。公の場での掃いたり、タバコのスタブ、または、ゴミなどを捨てたりすると、罰金を課させられる。

- 薬に手を出さないこと。タイでは薬物犯罪の罰則は非常に厳格である。

- 野生の動物虐待をサポートせず、ヘビやモニタトカゲの皮、カメのシェル、象牙などの野生動物から作られたお土産を購入しない。野生動物料理を提供する横柄な現地のレストランにひいきをさける。これは、タイの虐殺野生動物の食品として法律に違反している。