Trip Planner

Items Collected: 0

Plans Created: 0

植物 - 動物
植物 - 動物

植物や動物がタイでもユニークで多岐にわたっている。タイの地理は、マレーシア半島の海岸からアジア大陸の山々まで伸びる多様性な気候に、様々な品種も植物や動物が生息している。

タイの大部分に何世紀にもわたって農業に転換したのもかかわらず、天然林はまだタイの面積の約25%をカバーしている。タイの森林のほとんどが降水量によって区別されるモンスーン林と熱帯雨林である。また、モンスーン林は、通常、水を節約するために乾季に落葉落葉広葉樹の木で構成される。タイの最も有用な広葉樹はチーク材である。

熱帯雨林ゾーンは主に常緑の木で覆われ、タイ全国に竹、ヤシ、バナナの木がそう珍しくない。また、沿岸の低地では、より多く熱帯雨林をカバーし、マングローブ、や籐などがある。

前述のチーク材に加えて、タイでの果物や花の樹木や植物の中で、最も象徴的なものは、タイの国花の蘭であり、27,000以上の品種ある。

タイの国立公園で生息するのエキゾチックな動物の個体数を減らしているが、まだ在来種の様々な種類が約1,000種残っている。これらの中で最も象徴的なのは、野生に生き残っている象である。その他大型哺乳類の中でトラ、ヒョウ、マレーシアのマレーグマ、サンバー鹿、カワウソ、およびジャコウネコ猫がある。クライミング動物はサルのテナガザルとその他多くの種類のサルが含まれている。ヒツジ、ヤギ、牛、バク、野生の牛、野生の豚やコブラなどの蛇もいる。また、ワニ、トカゲ、そしてカメなどの多種多様な生き物と、河川や沿岸海域に魚が非常に多く富んでいる。

さらに、タイへの移動の900種以上の先住の繁殖鳥がいる。バードウォッチングツアーは、特にサムロイヨット国立公園や6種類のサイチョウの家として知られるカオソックが人気がある。