Trip Planner

Items Collected: 0

Plans Created: 0

旅行客の重要事項 : 旅券&査証


一般的に言えば、外国人は、ビジネス、投資、研究、医療、または雇用のためのタイを訪問する際、タイ王国大使館または総領事館からタイのビザを申請する必要がある。外国人は、移民法BE2522(1979)とその関連規定に含まれている規則に準拠し、有効なパスポート、またはそれに相当な書類を携帯する必要がある。タイのビザの要件が随時変更することに留意を要するが、タイ大使館から、タイのビザの最新情報を提供することにより、それらを入手することができる。

タイで短い休暇を計画している場合、対象約40カ国の市民となれば、タイのビザ一時的免除またはタイ査証免除ができるため、タイのビザを必要としない。また、帰国の証拠を持てば、ニュージーランド、オーストラリア、カナダ、アメリカの市民、またはほとんどのヨーロッパ諸国の市民には、タイビザなしで最大30日間タイへの入国ができる。これらのタイのビザ免除はタイ到着時に発行される。2009年1月1日以降陸路でタイへの入国は、タイのビザは30日間の免除はなくなり、その免除は15日間に減少した。

タイのビザ免除の対象外の国籍を有するもの、または15/30日間より長い滞在の場合、国外の大使館あるいは領事館でタイビザを申請する必要がある。タイの観光ビザは、30日または60日間有効で、タイの隣国への観光しながら再度タイへの入国は、連続した30日または60日のタイビザを申請することができる。ほとんどでは、3回分のタイビザを一度で発行でき、タイへの入国するごとにいずれか30日または60日を許可する(最大3x60日、次の60日間のビザを開始する前に、60日以内の出国を必要とする)。

ビザのオーバーステイの処罰は20,000B以下で、通常、一日あたり500Bを課される。罰金は空港で出発時に支払うことができる。あなたが一日だけ長居している場合は、任意の罰金を支払う必要がない場合もあるが、現行の規制に応じて、1,000バーツを支払う必要がある。親または保護者と観光を同行した14歳以下の子供に対し、オーバーステイの罰金を支払う必要はありません。

タイの入国管理局でタイのビザの延長を申請することによって、任意のオーバーステイ罰金を支払うことができる。最寄のバンコク入国管理局はサトーン路の近くにある(02-287-3101、ソイスアンプルー、月〜金午前9時-12時/午後13時-16.30時、土曜日午前9時-12時)。また、チェンマイの入国管理局は、タイビザの更新もできる(05-320-1755-6、マヒドン路、月〜金午前8.30-午後16.30)。通常のタイビザの更新料は約2,000バーツである。出入国管理事務所は非常に込み合うため、3〜4日間以上でオーバーステイしない限り実用的ではない。ビザの更新期間は、以前のタイのビザの期間に依存し、通常30日間のビザ免除の場合は7日間の延長と60日間のビザの場合は30日まで延長の更新ができる。

非移民、退職、そして学生ビザなどの他のタイビザは、最寄りの大使館または領事館で、またはタイの外務省のwww.mfa.go.th.で照会する必要がある。

タイ大使館や総領事館将軍の所在や連絡先の電話番号についての情報は、郵便番号10210外務省、観光相談部、ビザ旅行書類課、バンコク、チェーンワタナ路、123で、電話(662)981-7171内線3201-2、3204-5、または直通電話575-1062-4、ファック(662)575-1066、Eメール:div1303@mfa.go.th である。

また、次のカテゴリのいずれかに該当する外国人はタイへの入国を固く禁止されていることに注意してください:

    * 偽物か有効でないパスポートや書類をパスポートの代わりに使用した者、外国でタイ大使館か領事館または外務省でビザを受けないで、本物か有効なパスポートや書類をパスポートの代わりに使用した者、ただし、特別な手続きで特定の種類の外国人でビザが必要がない場合を除く。
      
    * タイへの入国後に適切な生活を有しない。
      
    * 労働者としての就業、器量や訓練を必要としない労働を使う職業、または、外国人労働許可法に違反する仕事などの目的でタイへの入国
      
    * 精神的に不安定、あるいは関係省庁の規則で定める疾病のいずれかを有する。
      
    * 天然痘のワクチンを未接種、その他の病気の予防のための未接種、または、入国管理の医師による予防接種を拒否するもの。
      
    * タイの裁判所に実刑判決、法的執行、または外国の裁判所で実刑判決を受けて収監されたもの、ただし、ささいな過失や違反に処罰を科すものまたは省庁規定で定められた例外を除く。
      
    * 公共に危険な行動、生活を妨害、または、公衆の平和や安全、国民の安全、国家安全に暴力を振舞う。あるいは、外国政府から逮捕令状を有する。
      
    * タイ国内で売春、女性子供の人身売買、麻薬密輸、または公衆道徳に反してそれを関与する疑いがある。
      
    * 1979に執行した移民法第14条で定めたものにより、現金や債券を十分持たない。
      
    * 1979に執行した移民法の第16条で、禁止人物となったもの。
      
    * タイ国政府または海外政府で入国拒否、滞在権利を取り消し、または強制送還を受けたもの、ただし、大臣判断で特例を考慮する場合がある。

身体的または精神的な疾病の検査や診断、そして、予防などを含め、入国管理医師が行うものとする。