Trip Planner

Items Collected: 0

Plans Created: 0

天気
天気

タイは熱帯モンスーン気候で、年間の大半を通じて一般的に高温多湿である。タイの季節は一般的に暑い季節、涼しい季節、と雨季に分かれており、年間ほとんどは、相対的に暑いのである。タイ中部、北部、と東北部(内陸地方)の天気は三つの季節がありながら、タイ南部の沿岸地域には二つの季節がある。これらは、容易に理解し観光の計画を立てられる。タイの内陸地方では季節では:11月から5月までの天気はほとんどがクールで乾燥な季節であり、11月から2月まではクールな乾季で3月から5月までは夏季である。他の内陸のその他の季節は、雨季で、5月から11月までとなり、タイのほとんどは降水に溢れる南西モンスーンに支配されている。

タイ南部の沿岸地域は、実際には、雨季と乾季の二つの季節がある。幸いなことに、タイの二つの海岸はわずかに異なる梅雨の時期をもち、観光者がほぼ年間を通して晴れたビーチを見つけることができる。

4月から10月にかけて、アンダマンや西海岸のプーケット島、クラビやピピ島などでは、大きな嵐をもたらす南西モンスーンがあり、9月から12月まではタイ湾や東海岸のサムイ島、パガン島、そしてタオライ島などではほとんど雨が降る。

次の5日間タイの天気予報を参照してください。

クールシーズン乾季

11月から2月にかけてタイ北部、中央と東北地方では、ほとんどクールで乾燥している。その結果、タイを訪問するには最も人気のある時期である。熱帯地域での位置を考慮すると、タイの気候は年中ほとんど暑く、本物の"クール"な気候は、北部の山岳地帯にあるが、バンコク、アユタヤなどでは、12月下旬または1月初めのたった2-3週間だけである。
タイ南部地方は、雨季と乾燥の二つの季節があり、11月下旬に始まり4月か5月まで続けて、技術的に"クール"な天気はなく、耐えられない熱がなくなり栄光の日差しを特徴とする。

ホットシーズン夏季

タイの暑い季節は、3月から6月にかけて相対的に高い温度で時折雨が降る。バンコクやアユタヤを含む内陸部の周辺に、しばしば過酷な暑さと高い湿度をもつ。2月から4月にかけて暑い季節の中の温度は容赦なく熱が高く、4月中旬から散発的な雨が降る。これらの季節には、タイの海岸沿いの天気がまだよいにもかかわらず、観光者が一番少ない。

レイニーシーズン雨季

雨季は7月から10月にかけてタイのほとんどは南西モンスーンにより一番激しい時期雨となる。しかし、乾季のように雨季の名前がやや紛らわしい。それは確かにこの時期雨ではあるが、何日間続く霧雨よりも、午後のフラッシュ洪水の豪雨がある。暑さと湿気に耐えることができれば、タイの雨季の天気は一般的に晴れるのが多いが、雨は一瞬に高速で降る。

ビーチ愛好家にとって幸いなことに、タイの二つの海岸は、観光者はほぼ一年中日当たりの良い海岸を見つけることができるように、わずかに時期の異なる梅雨をもっている。アンダマンや西海岸のプーケット、クラビ、とピピ島に南西モンスーンが4月から10月にかけて大きな嵐をもたらす。しかしタイ湾や東海岸のサムイ島、パガン島、そしてタオライ島は、ほとんど雨が9月から12月にかけて降る。西海岸のモンスーンは、季節に向けて安定した雨が降り続き、主要な観光地の野外事業を強制的にシャットダウンさせる一方、東海岸の嵐はより北部と似た時折豪雨で一般的に晴れの日が続く。

全体的に、タイ、特にアンダマン海岸の南部は、年間雨量が約2,400ミリメートルであるが、タイの中央部や北部地域の年間雨量が約1,400ミリメートルである。

気候チャート



摂氏と華氏表示の平均最高/最低気温

夏季
3月―6月
雨季
7月―10月
乾季
11月―2月
中部
気温 (C)
気温 (F)


30/20
80/55

32/28
70/65

30/20
80/55
北部
気温 (C)
気温 (F)


44/46
77/56

28/20
77/56

28/24
65/56
南部
気温 (C)
気温 (F)

32/28
70/65

30/20
80/55

44/46
77/56
東部
気温 (C)
気温 (F)


28/20
77/56

44/46
77/56

32/28
70/65
西部
気温 (C)
気温 (F)


28/24
65/56

30/20
80/55

28/20
77/56
東北部
気温 (C)
気温 (F)


30/20
80/55

44/46
77/56

32/28
70/65
推奨服

タイを観光するときの適切な洋服は、季節や活動の目的に合わせた旅程に依存している。しかし、ショートパンツ、ノンスリーブのTシャツ、サンダルが最も実用的と思われるが、タイ人では保守的な基準でカジュアル過ぎると思われたり、寺院やタイ企業に訪問しようとする場合、そのような洋服では入場不許可をも考えられる。

すなわち、雨季で街が浸水となった時に、寺院、またはタイ企業を入る前に靴を脱ぐことを進められる。それにより、サンダルは結構実用的である。

ルースな格好で呼吸よくかつ迅速に乾燥する軽量な服装は雨季にとってベストアイデアであり、ポンチョ、そして/または、観光傘にも同様にお勧めする。

帽子は日差しを守るのが一年を通じてよいが、もっとよいアイデアとして、太陽と雨と両方から守るものである。

乾季にタイ北部の地域を観光予定がある場合、メーホンソン、またはチェンライには、長袖シャツや薄手のジャケットをお勧めする。実際には、タイ北部での死者が出たほど、2,565メートル(8,415フィート)でのドイインタノンには、タイ気候の変化を受けて雪を見ることができる。観光の前に天候をチェックして、山登りの前にチェンマイやチェンライの市場での暖かい服を購入することができる。