headline
Nature
Nature
タイは、様々な動植物の生態系のゾーンを含む豊富な天然資源に恵まれる国である。 20ヶ所以上の海中公園を含む100ヶ所以上のタイ国立公園がある。各公園では、タイで動物を見るためにユニークな優れたアトラクションや設備を備えている。これらにトレッキング、マウンテンバイク、フォトグラフ、スキューバダイビング、キャンプやバードウォッチングなど、タイのエキゾチックな動物を間近にする多くなオプションを選択できる。 タイのビーチや、多くのタイの島の一つへの観光は、リラックスしてエキゾチックな海洋生物が見られ、あるいはスキューバダイビングを体験できる。タイ全土にわたり、ビーチ、島、またはタイ国立公園に訪れるの観光者は、北部の山岳地帯の温帯林とタイ中部の平野から北東部のサバンナと南部の海岸のマングローブ林まで、固有の動植物と異なる生態系ゾーンを発見できる。タイの動物は、ゾウやサルだけでなく、クマやジンベエザメ、世界最大の魚が生息している。
ビーチ/島

ビーチ/島

休日など利用してタイのビーチや島々を訪問するタイへの観光者は毎年数十万人ある。タイの島々は世界でも有数でとても美しく、また自然の美しさに恵まれている。そこに、プーケットのカロンビーチ、サムイ島のチャウエンビーチやピピ島のマヤベイなどタイのビーチは、細かな砂浜、澄んだ海水、そして完璧な風景をもち、とても素晴らしい。

各タイビーチや島々は、独自の個性とアイデンティティを有しており、観光者を魅了する。各沿岸地域は、天国のように観光者のさまざまなスタイルに適している。アンダマン海に沿ってタイの西海岸、あらゆる観光者に答えるビーチでアクティビティに満ちたプーケットのリゾート島; 人気のバックパッカーのピピ島、ランタ島、およびクラビのビーチ; のんびりの家族連れでくつろぐ新鮮のカオラック島(壮大なシミラン諸島への観光の出発点); そしてはるか南の無人島。

湾岸に沿って、サムイリゾート島はパガン島の自然の素晴らしさとタオ島のダイビングの楽園が近くに位置している。バンコクの近くには、タイ人の間で人気のホアヒンと、もっとこじんまりしたその隣のチャアムなどもある。さらに、タイ東部へは、バンコクウィークエンドゲッタウェイのサメット島や精力的なチャン島に、高級リゾートから低予算のビーチバンガローまで整っている。

特定のタイのビーチと島々、タルタオ国立公園のように、限られた施設や設備を提供し、'基本に立ち返り' 的な休日の体験をさらなる探求している冒険好きな観光者を魅了する。プーケットのカマラビーチのように、世界クラスの施設(宿泊施設、レストラン、ナイトライフ、等)を提供し、創造的な快適さを必要とするより大きい予算の観光者を誘惑する。これは、このような多様性が、島々ごとに異なることだけでなく、ビーチごともそうであること。このようことで、あるタイビーチは騒々しいエンターテイメントを提供するのに対し、数キロ離れたところに、静かな休日をお探しの観光者を魅かれる所もある。

プーケットは、タイ最大の島、その完璧な対象として、タイ最初のビーチリゾート地で、確実に最も発達したタイの島である。アンダマン海岸に位置し、プーケットでは、そのエキサイティングなナイトライフと、活気のあるパトンビーチや、家族に優しいカロンとカタのビーチなど多くのビーチがある。その島を渡って豪華な5つ星のリゾートや豊富なタイスパなどで観光者にあらゆる予算でも提供する。緑豊かな熱帯の内陸でさまざまなエキゾチックな野生動物が生息するに加えて、近隣のピピ島での好みのスキューバダイバー、およびパンガー湾でのシュノーケリング、カヤック、そして徴的なジェームズボンドアイランド(タプ島)の観光を日帰り観光を楽しむことができる。また、プーケットは島内の国際空港経由でバンコク、サムイ島、チェンマイとの国内接続にも簡単にアクセス可能である。

サムイ島、タイ湾の主要な島の魅力である。最も人気のあるビーチであるチャウエンは、五つ星の高級リゾートから手ごろな価格のビーチバンガローまで宿泊施設を提供し、ダイニングは、世界各国の料理やカジュアルなビーチサイドのシーフードバーベキューのお食事をも用意されている。サムイ島は、活動のホストとして家族と低予算ともに向いている。また、近隣のタオ島にいくつかのタイ最高のダイビングに位置している。サムイ国際空港は、バンコク、クラビ、プーケット、チェンマイとの国内線で接続する。

クラビは、プーケットの近く本土アンダマン海岸の県である。ライリービーチなどの人気のビーチリゾートエリアに加えて、クラビをオフにするタイの最も人気のあるダイビングサイトの一部のピピ島とランタ島のような壮大な島々が数々ある。

国立公園

国立公園

タイは自然探検を希望する観光者にとって優れた国立公園がある。熱帯雨林を長く探検や、タイのエキゾチックな動物の一部を見られる野生の奥深いジャングルの観光ができる森林公園が多くある。スキューバダイビング、スノーケリング、またはシーカヤックを希望する場合、南タイの東の国立海洋公園が数ヶ所ある。

実際には、タイは20ヶ所以上の海中公園を含む100ヶ所以上の国立公園があり、各公園は、ユニークな動植物が生息しているとともに基本的な設備がついている。キャンプ用設備や電気などを備えたバンガローをも含む。(テントを持参しなくても可)これらの公園のほとんどは、アクセスが容易で適切な入場料である。しかしながら、長期休暇の週末に、特にタイ人観光客らが人気のある公園には先の予約することを勧める。

タイ国立公園でエコ指向の活動は、世界の他のところと異なるタイのエキゾチックな鳥や他の動物をスポッティングするトレッキングからカヤック、自然の写真、キャンプ、そしてシュノーケリングなどがある。そのなか、単なるリラックスしてタイの自然のままの美しさを楽しむことはもっとも価値のある体験であろう。

タイでの人気のある国立公園は以下に紹介する:

カオヤイ国立公園は最も人気のあるタイの公園でバンコクからわずか200キロ離れたところである。田舎風景に囲まれる宿泊施設、それらのさまざまな活動、そして野生のトラ、ゾウ、クマ、巨大サイチョウのようなエキゾチックな野鳥などが楽しまれる。

タイ北部のドイインタノン国立公園はタイの最高峰であり、滝や多くの品種の蘭を含む森林がある。また、この領域は先住民山岳民族の村人が住んでいる。

ムロイヨット国立公園は沿岸公園でバードウォッチングが人気である。水鳥やその他様々な海洋生物の家としての湿地帯である。

西部タイのカンチャナブリ県にあるエラワン国立公園は、有名な七段の滝、数多くの野生生物の種が含まれている熱帯雨林を備えている。

海洋公園は、サメット島(便利なバンコクの近くに配置)、アントン海洋国立公園 (サムイ島からお好きなカヤック、シュノーケリングの日帰り)、タルタオ海洋公園(もっとも離れて、自然のままのタイの南の島)、そしてアオパンガー国立公園(黄金銃を持つ男の映画から言われた"ジェームズボンド島"の、ユニークな石灰岩の島々でプーケットから人気の日帰り)。

植物 - 動物

植物 - 動物

植物や動物がタイでもユニークで多岐にわたっている。タイの地理は、マレーシア半島の海岸からアジア大陸の山々まで伸びる多様性な気候に、様々な品種も植物や動物が生息している。

タイの大部分に何世紀にもわたって農業に転換したのもかかわらず、天然林はまだタイの面積の約25%をカバーしている。タイの森林のほとんどが降水量によって区別されるモンスーン林と熱帯雨林である。また、モンスーン林は、通常、水を節約するために乾季に落葉落葉広葉樹の木で構成される。タイの最も有用な広葉樹はチーク材である。

熱帯雨林ゾーンは主に常緑の木で覆われ、タイ全国に竹、ヤシ、バナナの木がそう珍しくない。また、沿岸の低地では、より多く熱帯雨林をカバーし、マングローブ、や籐などがある。

前述のチーク材に加えて、タイでの果物や花の樹木や植物の中で、最も象徴的なものは、タイの国花の蘭であり、27,000以上の品種ある。

タイの国立公園で生息するのエキゾチックな動物の個体数を減らしているが、まだ在来種の様々な種類が約1,000種残っている。これらの中で最も象徴的なのは、野生に生き残っている象である。その他大型哺乳類の中でトラ、ヒョウ、マレーシアのマレーグマ、サンバー鹿、カワウソ、およびジャコウネコ猫がある。クライミング動物はサルのテナガザルとその他多くの種類のサルが含まれている。ヒツジ、ヤギ、牛、バク、野生の牛、野生の豚やコブラなどの蛇もいる。また、ワニ、トカゲ、そしてカメなどの多種多様な生き物と、河川や沿岸海域に魚が非常に多く富んでいる。

さらに、タイへの移動の900種以上の先住の繁殖鳥がいる。バードウォッチングツアーは、特にサムロイヨット国立公園や6種類のサイチョウの家として知られるカオソックが人気がある。